スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富岡の海・朝焼け

2013/1/15(火)

この日の朝、工房は一面、❄雪景色❄


あまりの大雪に、郡山市民も驚いてました。
雪景色
慣れない雪かきに、体が悲鳴を上げてしまいますが、
鈍った体に、いい汗をかきました (笑)
007.jpg
雪かき後・・作業する手が、微妙に震えていたのは、言うまでありません(>_<)

さて、本題に戻りまして・・・
染め準備
今回は、前回、紹介した叢雲(むらくも)染めした風呂敷の染め分けの様子です。
まず、下着け剤で先媒染します。

針の差し方
染め分けをするのに、“伸子針”を使って、布を張って染色します。
針を布の真ん中から、2本、両端に刺します。

伸子針
※ワンポイント☝・・“伸子針”って?
          洗い張りの道具。布を空中に張る。
          竹で両端を張って、竹の弾力で布を伸ばすこと。  
 ですよ!!


西洋茜
西洋茜を煮出して、染め分けます。

伸子針で張りながら
伸子針で、布を張って、まっすぐ、ゆっくり入れます。
これで、布が歪まず、染められます。すごいですね!

色分け
さあ、西洋茜が、どんな朝焼け色を、かもし出してくれるか楽しみです。

朝焼けのイメージ
どうですか?
ここで、お願いです!
このままでは・・・ん??・・ですよね!
そのまま、首を右に、ゆっくり傾けて見て下さい。
ありがとうございます!(^^)!
富岡の“海・朝焼け”・・見えたでしょうか(^^)v

茜
5枚、染めあがりました。

風呂敷端ミシン
端ミシンかけます。
慎重に!!

027.jpg
アイロン掛けして、完成です\(^o^)/
富岡・・
海・・
朝焼け・・
きれいですね(*^_^*)
す*て*き*


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。