スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地道に、こんな作業もしてました。

2012/12/19
かせくり器で・・・
これは、かせくり器と言って、糸まき器です。
藍で染めた、綿糸を簡単にきれいに、しかも早く巻いてくれます。
巻きあがり
こんなに、きれいに既製品のように巻き上がります。
これで、作業もしやすなります。
昔、木綿糸を両手にかけて、くるっ!くるっ!と回しながら、疲れたぁ!
と言いながら、やったもんですがね(^_^.)


『絆バッグ』と名づけ、製作してました。
絆バッグ1枚目

手提げになる部分を左右に織りわけます。
色も変えてみました。アイディアですよね!
絆バッグ持ち手の色を変えて (800x600)
この生地は、昨年、秋田県仙北市角館町より頂いた桜の枝を細かく切り、
よく洗い煮出して染めた布です。
有難うございます。大事に使って行こうと思います。

鉄媒染とアルミ媒染、絞ったものと無地のものとで、4種類の色味で裂き織りすると
こんなに、風情のあるデザインになり感激です。

絆バッグのイメージ (800x600)
織り上がり、バッグのイメージを・・・
持ち手は、交差するだけです。
次回、仕上がりが、
楽しみですね!!

出来れば、富岡の桜の枝葉が使いたかった(ToT)


↓↓↓ 桜の枝を細かく切り、枝をきれいに洗うところです。
たくさん頂いたので、大事に使います。
196.jpg
202.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。