スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、昨年、叢雲染めした、トートバッグ製作をご紹介します。

2013/12/19(水)
5つのバッグが出来ます
トートバッグ用に、5枚、乾くのを待ちます。

型取り
海のイメージを上手く表現できるように型紙にあわせ裁断します。
どんな、海の表情になるか形になるまでが、楽しみです。

トートバッグの裏ポケットのファスナー穴
こちらは、裏地にファスナー付きのポケットを作ります。
女性にとって、ポケットは、重要ですよね。
あれこれ、入れますもんね(^_^.)


028.jpg
これは、バッグ底のマチを縫っています。

ミシン泣かせな難所
家庭用ミシン泣かせな難所。
生地が地厚になるため、ミシンと格闘しながら・・・
息をつかずに一気に縫い進めます。
ふぅ (>_<)

持ち手の付け位置は重要
持ち手の付け位置は、重要です。
しっかり寸法を測って、持ちやすい場所につけます。

仲良く共同作業
仲良く、共同作業です。
持ち手に“かしめ”をしっかり、打ちます。
力も要りますね。
工房の中は、まるで工場のような音が鳴り響いてますよ!
でも、本格的な “工房” っぽいですよ(^^)v


富岡の海、トートバッグ完成
我が工房、3姉妹?(笑)
3種類の“春の海トートバッグ”が完成しました\(^o^)/
生地の模様や持ち手が違うと、イメージが変わりますよね。
みなさんは、どのバッグが好みでしょうか?
とっても、素敵に仕上がりました。
ふるさと富岡の海、白波・青い海・澄んだ空・・・
あと2種類のバッグもありますので、是非、工房に来て見てみませんか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。