2013年04月

型抜き染め研修

2013.4.17(水)

道端の花
この日は、研修生が工房までの道端で見つけた《野の花》を摘んできてくれました。
雪柳、水仙、スギナ、姫踊子草、仏の座、からすのエンドウ・・と賑やかに
名前の知らない花に勉強になりました(^^)
春を感じますよね

トートバッグ用&ポーチ用に。。。
写し
洋型紙にカーボン紙で“やまぶき”柄を写します。
カーボン紙で写し

細かい
専用切抜き用デザインナイフで、慎重に切り抜いていきます。
息が止まります(>_<)

切り抜き
切り抜いた花型を並べ、レイアウト!!
センスが問われます!!
切り抜き②
花型1つ。こちらは、ポーチ用に使用します。

スプレーのり
コンパネにスプレー糊をむらなく吹き付け・・
布貼り
コンパネに藍で染めた布を動かないように貼り付けます。

透かし
切り抜いた型紙を紗張アルミ枠に合わせ乗せ、
紗張りアルミ枠
糊作り
藍模様糊(※)とハイドロを混ぜ合わせ糊を作ります。
(※)藍染布専用の抜染糊のことです。

糊を薄く塗る
抜染糊を乗せ駒べらで一定方向にへらを進め均等に塗ります。

剥がすと・・
糊置きが済んだら、シートをはがして、3時間位自然乾燥させます。
幾通り
乾燥後、糊を水で洗い流します。
洗い流した後が、楽しみです
スポンサーサイト

着々と・・・

今まで染めた布や綿糸にて織った数々が
着々と製品になっていきます
ポーチ
槐、桜の枝(鉄媒染)、紅花、藍・・を盛り込んだ裂き織り、
ポーチへ変身です!
混ざり
縦柄裂き織ポーチ
どちらも1点物。
同じ完成品は、生まれません。
3月19日②
桜の枝で絞り染め、アルミ媒染した綿布
綿糸のフラットな感じと裂き布の凸感・・
面白いですね(^^)

藍+紅花2
藍&紅花のコラボ!!
紅花のピンクには、よく見ると2種類の色が使われていますよ!
色遣いも個性が出ますね(^^)
水玉裏地
ポーチ用に、初めてが・・・
ベージュの裏地に、水玉模様
かなり、カジュアルになりましたが、表地にぴったり(^^)v

糸玉
前回、綿糸の絞り染めをして、かせくり器で、
2種類の糸玉完成!
絣っぽい感じで、また織り機にかけるとどんな模様が浮き出るのか・・・
4月5日
こちらが、織り始まったところです。
海に白波が・・・
挿し色に桜色(ピンク)
あら、富士山も?? 偶然では、ありませんよ(笑)

数々
好評なストールに、今回は様々な模様が・・・
研修を生かして、頭の中で想像して、
「夜、寝ながら考えたのよ~」とかなり思いも入ってます

房は丁寧に
ストールの命、ふさ作りには神経を使います。
工房の中は、嘘のように静まり返ります。
細かい仕事に、眼もお疲れです(>_<)

枇杷様より反物4月16日
4/16(火) 郡山出身、鹿児島在中の中池様、“福島県人会”のお世話により、
枇杷様より、反物が5反、工房に届きました(*^_^*)
真っ白な正絹・・5種類、大切に今後の活動に役立てていきたいと、
先生、研修生と共に思案し作品作りしていきます。
有難うございました   ♡感謝♡

ご厚意で。。。

2013.3.12

この日は、自然の素材で・・
ということで、東京よりご厚意で
“草木染め”を教えに来て下さいました。
『飯塚ひろこ』先生です。
ヒロコ先生
先生が準備して頂いた、「ザクロの実の皮」を使って染めの実習です。

まず、ザクロを水で流しながら、たわしでゴシゴシ洗います。
ざくろ洗う
タオルで水気をふき取り、かわかし・・・
割る
中の種が飛び散らないように、袋に入れて金づちで割ります。
種を出す
中の種を丁寧に取り出します。
思わず、口に入れて(笑)
甘酸っぱい味が広がり、懐かしい!山で採って口にする。富岡が恋しい(T_T)
初めて食べた方もいて、ビックリ(・o・)!!
さわやかな味に、皆さんも
煮出す
果皮も水洗いし、煮出します。
1番出しは、とって置き2番出しから染めに使います。
1~2時間煮出し、茶こしを使って液をこして・・・
レースを染める
白いレースを染めてます。
家庭で染める前提で、小物を手軽に・・・です。

染め上がり
他にも毛糸や麻、布きれ等と自宅にあるもので、
手芸等をやられる方は、好みの色や自分だけのオリジナル色作りにはgoodですよね(^^)v

ひろこ先生の優しい語り口に、ほんわか♡
媒染は、ミョウバンや鉄で色を落ち着かせる。
絹やウールは、食酢を少々、
仕上げには、家庭用洗剤・糊(商品名は控えます)
 
と、最後まで家庭で出来る『染め』の講習でした。
あっという間に時間も過ぎてしまいました。
先生、遠いところを有難うございました。

『ほたる絞り』 研修

2013.3.13(水)
この日は、“ほたる絞り”の研修でした。

『ほたる絞り』・・・夜空に舞うほたるのほのかな光を表現した絞り。
          丸めた綿(わた)で布を挟むので綿の大きさでほたるの大きさも自由に変え、
          楽しむことが出来るそうです。



約5cm四方にちぎった綿の四隅を中心にたたみ込むように丸く形作りします。
(大きさは、お好みで)
蛍作り1
糸で固く巻いて手毬のようにし、
対(つい)になる綿も同じ大きさになるように作っていきます。

ヴィレッジヤーンを6等分4
布を屏風だたみにします。
織り幅は、染め上がりをイメージして、お好みで・・・
想像するって楽しいですが、イメージするのは難しいですね~♡

2個1組で縫い付け6
2個1組、布を挟むように丸めた綿に四角に切った不織布を当てて縫いつけます。

10か所縫いつけます5<br />
等間隔に丸めた綿を、縫いつけますが、
布全体につけても良し、部分的に蛍を飛ばしたいところに、付けていいそうです。
蛍を飛ばす。。。
いい表現です

肉まん?菊の花?3
固く丸められた綿の数々・・
“菊の花”?? “肉まん”?? “メロンパン”?? に見える?
また、たとえが食べ物になってしまいました(^_^.)
先生のお叱りの言葉が聞こえてきそうです

綿糸を縛り染め7
ここで、綿糸も一緒に染めます。
綿糸をしっかり、紐で絞ってます。(ストールを絞った要領で)
初の試みです!
仕上がりが楽しみです(^^)

水に浸す8
絞り終えた布は、しっかり水に浸します。(綿糸も一緒に)
そうすると、染料が均等に染み込み、染めむらを防ぐことができます。

仲良く染めて
藍に入れ、仲良く染色です。
折りたたんだヒダの中にもしっかり、染料が入るようにします。

よく染まってます10
何回か、染色と発色(空気酸化)の繰り返しによって、
きれいに染まってます。

132.jpg
丸めた糸をはずし、水がきれいになるまで洗い、灰汁を抜きます。
蛍が、きれいに整列してます!!
ほのかな光。。。
どんな作品に変身してくれるのか、今からワクワクします♡

綿糸藍染
先ほどの縛った綿糸は、こんな風に染め上がりました。
綿素材の多いものと、藍の色が多いものと2種類出来ました(^^)v
初の試み、綿糸の絞り染め・・
こちらも織り上がりが、楽しみです!!
どんな模様が浮かび上がってくるのか

128.jpg
この日は、“アカシア樹皮粉”での染めもやりました。

アカシア樹皮粉をアルミ媒染後インド茜で重ね染め
“アカシア樹皮粉”をアルミ媒染後インド茜で重ね染めしてます。
今までとは、違った色に、
今後の作品にも幅が広がりそうです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。