2012年09月

9/12 織り研修

今日も引き続きマフラーづくりです。
DSC03025.jpg


自分のものになるので、それぞれ好きな糸で織っています。
DSC03027.jpg
DSC03030.jpg


個性がでますね。できあがるのが楽しみです。
スポンサーサイト

9/12 染め研修

今日染めるのはこれ。なんでしょうか?
DSC02987.jpg


セイタカアワダチソウです。繁殖力がある、あの外来種です。
(右はススキです。これは違う機会に染めます)

目にした瞬間「これね、一時帰宅したときに田んぼにいっぱい生えてて、がっかりするの」
「これで一面緑だったり、黄色だったり」
「すごい繁殖力なんだよね」「人が住んでないとああなっちゃうんだよね」
という声が、あちらこちらから聞かれました。

そんなセイタカアワダチソウですが、一体どんな色になるのでしょうか?

まずは、カットして軽く水洗い。このときに独特なニオイが広がり・・・
どうなることやら・・・
DSC02994.jpg
DSC02996.jpg

先生の指導のもと、煮出します。
DSC03005.jpg


こんなにきれいに染まりました!!
DSC03015.jpg


嫌われ者のセイタカアワダチソウですが、染めには向いている?ようです。

このように、染めには向いてないような植物にもチャレンジして、
自分たちの色を見つけていきたいと思います。

9/11 自主研修

毎週一回の研修だけでは、職人にはほど遠いのです。

そのため、自主的に織りや仕立てをする研修生の姿が見られます。
DSC02981.jpg

この日は、織りと仕立てを自主的にしていました。
DSC02986.jpg

一人が一枚ずつ織り上げるマフラー、着実に進んでいます。
涼しげなマフラーもあれば、こちらは糸が変わっているため、ステキな模様がでてきます。
DSC02984.jpg
DSC02983.jpg


設計図を作って、熱心に取り組んでいる姿も見られました。
DSC02985.jpg

楽しいから!という言葉が、一生懸命の源です。

 

8/29 織り研修

 午後は織り研修です。前回たて糸を通したさをり織り機も使っています。
DSC02833.jpg

 今はとにかく織ることに慣れるということが目標です。
研修として、一人ずつマフラーを織っています。

 一人が1メートル40センチから50センチを織ります。
糸を織っているので、1メートル50は、慣れないと長い道のりです。

 仕立ても始まり、工房らしくなってきました。
DSC02834.jpg

8/29 染め研修

 この日はいつもより少し早く集まりました。なぜかというと、NHK福島の中継が入るからなんです。
 みんなちょっとそわそわ。いつもどおり、講師の先生から研修内容の説明があり、開始です。
DSC02772.jpg

 今日は、西洋茜を使って絹を染めます。
DSC02778.jpg
DSC02774.jpg
DSC02798.jpg


 そして、この日から「仕立て」の研修も始まりました。
DSC02776.jpg
 ミシンを使って、将来的には、染めたもの、織ったものを仕立てるということになります。
 今日はポーチを作ります。

 ついに、中継開始。なんと生中継!こんな様子でした。緊張しています!
DSC02787.jpg


 今日の作品です。真紅のとてもきれいな色に染まりました。
DSC02816.jpg

さをり織り たて糸講習会(8/28)

 この日は、郡山市内にお住まいのさをり織りの先生から、整経とたて糸の取り方を学びました。
 自主参加ですが、約10名の研修生が集まりました。
DSC02739.jpg


 先生が着ているのも、もちろんさをり。なんとも言えない色のバランスや柔らかさがステキです。

 研修生はメモを取り、真剣なまなざし。
DSC02751.jpg


 先生からは、「間違ったっていいの。それを活かすのがさをりのいいところ。既製品を作ろうとしたらだめ!」
という、心強い言葉をもらいました。

 早速織ってみると「楽しい!」。自分でデザインや色合いを変えていくことができるのが、さをり織りのいいところ。
個性的な色合いがどんどんできていましたよ。
DSC02763.jpg

織り研修(8/22)

研修も今回で5回目。工房もやっと工房らしくなってきました!
2012_08_22_14_33_23.jpg


この日もひたすら織り続けます。先生いわく、今は織るのに慣れることが大事だそうです。
2012_08_22_14_43_33.jpg


たて糸も自分たちでできるようになりました。
2012_08_22_14_47_29.jpg


今日はこんなに織ることができました。すてきに仕上がり、笑顔があふれていましたよ!
2012_08_22_16_51_12.jpg


染め研修 (8/22)

 お盆明けのこの日、久しぶりの研修です。

 染め研修では、紅花を使って絹を染めました。
染料は前回の研修(8/1)で作っておいたものです。2週間も空くと、さすがにみなさん忘れ気味です。
2012_08_22_11_17_53.jpg

 紅花の染料はとてもきれいな赤です。絹はみるみるうちに染まっていきます。が、すぐに染まるわけではなく、
1時間ほどかき混ぜなければいけません。根気のいる作業です。
2012_08_22_11_18_34.jpg

 しかし、紅花の場合、火を使っての染色ではないので、暑い夏の作業では、いくぶん楽だったようです。

 染めあがった絹はこんなきれいなピンク色に!!ピンク色といっても、どんなピンク色になるか
わからないのが、染めの楽しみです。
2012_08_22_12_02_14.jpg


 久しぶりに顔を合わせたこの日、休憩時のおしゃべりにも花が咲いていました。
また、畑をしている研修生からはきゅうりの差し入れがあり、即席浅漬けにして、みんなでいただきました。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。